採用情報 採用情報

人財育成について

中長期的に社員の能力向上を図り、会社の価値を高めつつ、
「Win-Win」の関係構築を目指す。

JPビジネスサービスでは、最大の資産である人財をパワーアップし、能力を発揮させていくことを重要施策として定義しています。質の高いサービスや成果物を安定的・継続的に提供するには、従業員個々人の能力向上にかかる取り組みが不可欠であると考え、「人財育成基本計画」(CDP)を定め、体系的且つ計画的に人財育成に取り組んでいます。

人財育成方針

  • 人財育成の基本的な思想は、社員が有する能力・実力を段階的に高め、ひいては社業の発展を期すものであり、会社・社員の両者が主体です。従って、CDPは、会社が社員のキャリア形成を中長期な計画に基づいて支援・育成する施策であると同時に、社員自身がキャリア形成・能力開発に取り組む指標として、自発的な姿勢を促す施策でなければなりません。こうした認識のもと、人財育成方針は、「OJT」、「面談」、「キャリア形成支援」、「Off-JT」にて構成・実施しています。
  • JPBS-CDPの構成内容
    • 「OJT」

      社員が「教え・教えられる」「育て・育てられる」学び合う企業文化を定着向上させつつ、人財の成長を促す。

    • 「面談」

      会社と社員の相互尊重により社員の能力向上を図り、組織力・現場力を高めることを目的とする。

    • 「キャリア形成支援」

      社員の能力開発の指標とするものであり、段階的なステップアップについて会社が適切に支援する。

    • 「Off-JT」

      社員自らが進んで学びつつ、自己向上に努める機会を提供する。

人財育成体系

人財育成体系図

研修体系図

PAGE TOP